荒木愛弓 ブログ

わたしに還るための4つのプロセス

 

 

 

 

美しい世界をありのままに感じ、味わうために…。

わたしの中にある感覚を取り戻すために…。

わたしがわたしへ還っていくために…。

 

 

これから先も、大切にあなたの人生をつむいでいくためには、どのようなプロセスを歩めばいいでしょうか。

 

 

実際にわたし自身が、自分や周りの人たち、自然と調和しながら人生を大切につむいでいくために日々実践していること、今までの経験から学んだことを、4つのプロセスにしました。

 

 

 

 

1,とまる

今いる場所から一度離れて立ち止まり、客観的に、自分の心に向き合う

 

2,ゆるめる

ヨガセラピーや自然(五行)とのふれあいをとおして、身体をほぐし、心をゆるめる

 

3,かんじる

心と身体をゆるめたことで、必要以上に自分を守っていた心の鎧に気づき、かんじる

 

4,還る

そのままの自分自身でいいんだと気づき、すでに愛され、生かされていることを味わう

 

 

頭だけで考えて答えを出す、ということではなく、むしろ思考を手放し、身体の感覚や沸き起こってくる自然な感情、心の動きをありのままに観察し、感じていくことで、本来の自身の姿や本質的なこと、心の底で願っていることを思い出していく、そんなイメージです。

 

この4つのプロセスを丁寧に、自身の状況に合わせながら繰り返し行うの中で、自然と本来の自分自身へとつながりやすくなる(調和していく)と感じています。

 

この場での体験を通して、リトリートを終えた後も、深い気づきや学び、自己成長、自己実現が自然発生的に生まれるためのプロセスで在れたらいいな、と願い、島とつむぐリトリートに取り入れています。

 

 

 

 

 


あわせて読みたい記事「リトリートプロセスの中で行うこと